ブログ

「立冬」暦のうえでは冬の始まりです

こんにちは。だんだんと冷え込みが強くなり、ストーブやブランケットが恋しい季節になりました。

二十四節気では、今日11月8日は「立冬」です。

暦のうえでは冬の始まりです。暦便覧では「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」と説明されています。「もう冬ですよ」という意味ではなく「これから冬らしく寒くなっていきますよ」というのが、立冬なんですね。北国から初雪の便りが届いたり、冬の季節風が吹き始めますが、実際に多くの地域ではまだまだ秋らしい気配です。

秋分と冬至の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、今日から立春の前日までが冬とされています。11月上旬の平年の最低気温は10℃前後。

さてここで気になるのが、観葉植物など寒さが苦手な植物の管理です。

(写真左:コーヒーの木 写真右:フランスゴムの木)

「観葉植物って、いつ屋内に入れたらいいの?」

よくご質問を受けます。客観的な指標として、その植物の越冬可能な最低気温を調べ、天気予報や実際の戸外の気温を見て判断するのがもっとも安全です。

しかし、その植物の最低気温が5℃となっていても、綺麗に冬越ししたいのであれば10℃を切るころから屋内へ移動させてやりたいところです。最低気温はあくまでも「枯れはしない」という温度であり、「寒さで傷まない」という温度ではないということですね。

熱帯性の植物は最低気温5℃前後というものが多いものです。私たちがストーブやブランケットが恋しくなるころ、植物たちも寒がっているかもしれないな、と思うとちょうどいいかもしれません。温かいお部屋に入れてやって、元気に育てて下さいね。


お庭のローゼルでティータイム!ハイビスカスティー

皆さんこんにちは!

さて突然ですが、この写真の実がなんだかご存知でしょうか?

正解は「ローゼル」という花の実です。いえ、正確にはこれは実ではなく、花の蕚(がく)と苞(ほう)が肥大したものです。花を咲かせた後、果実の部分を中に包むように濃い紅色の蕚と苞が形成され、この部分がハーブティーのハイビスカスティーの原料になります。花の様子も似ているので、しばしばハイビスカスと混同されてしまうこの植物。今日はこちらの植物を使ったハーブティーレシピをご紹介いたします。

(蕚と苞に包まれた果実の断面。少しオクラのような粘り気があります。)

 

【ローゼル】

●アオイ科フヨウ属の一年生または多年生亜灌木(亜低木)

●花はクリーム色で9月から11月に開花

●蕚と苞が肥大化した部分は酸味があって生食できる

●入手方法は、春に園芸店などで苗ポットで流通するものを購入する(鉢植え可)

 

 

ローゼルは本来多年草に属する植物で、原産国の温かい国などでは2~3メートルの高さで育ちます。日本では寒い冬を越すことができないため、一年草扱いとなっています。ローゼルはハイビスカスに似たクリーム色の美しい花を咲かせます。

ローゼルには多くの栄養成分が含まれていて、古くから食用として栽培されてきた歴史を持ちます。クエン酸などの植物酸が豊富で、ビタミンCやペクチンなども多く含まれます。利尿作用や緩やかな下剤としての作用などから、とくに女性に人気のハーブティーです。(生薬としての名を「洛神花」と言います。)ハイビスカスティーは世界三大美女のクレオパトラが愛した飲み物としても有名で、ハーブティーのほかにも、ジャム、ゼリー、酒、清涼飲料などに利用されます。高い栄養価に加え、料理しても鮮やかな色を残すことが目にも美しく、今も昔も人を引きつけるのでしょう。

レシピは簡単です。生食できるのでそのまま使えます。蕚と苞だけをお湯に浮かべ、しばらく待つだけでこのように鮮やかなハーブティーが出来上がります。量がたくさん採れない時は、乾燥させて少量を煮出して用いてもいいでしょう。ジャムにする場合、リンゴなど手に入りやすい果実を加えて量を増やし、酸味と鮮やかな色味を楽しみましょう。

茎まで美しい黒紅色のローゼル。お庭で育てて、枝のまま切ってドライフラワーにするのもお勧めですよ。


六甲山サイレンスリゾートでの造園・植栽工事

2019年7月、六甲山に新しくオープンした大型リゾート施設「六甲山サイレンスリゾート」(旧六甲山ホテル)。オープン前の数か月、こちらの造園・植栽工事を請け負わせていただきました。

旧六甲山ホテル時代に国の近代産業遺産に登録された本館。その趣をそのままに、改装して誕生した新しい施設です。歴史あるその地の植物たちを生かしながら、お庭はデザインを一新しました。

造園工事期間は梅雨で雨の多い時期、六甲特有の深い霧が立ち込める中での作業日もありました。オーナーや、建築を担当されたイタリア人建築家のミケーレ氏の意向を伺いながら、建物の修復工事と並行して行いました。

近隣には別館「六甲山サイレンスリゾートグリル」もオープン。そちらの造園・植栽工事も行いました。大阪・神戸・淡路島まで見渡せる絶景とともに、心地よい六甲の空気と深い森の緑を体感できる素晴らしいロケーションです。

今回の現場は、自然豊かな地にあること、歴史や文化の香り高い施設に併設するお庭であることなど、特別な環境の中にありました。私たちも庭づくりにおいて最も大切な「調和」と「共生」というキーワードを何度も考え、その重要性を体感させて頂ける貴重な経験となりました。

皆さん週末のドライブにお出かけの際は、ぜひお庭の方もじっくりご覧くださいませ!

 

https://rokkosansilence-resort.com

 

 


お庭の植物で自家製スパイス!

10月です。秋らしい涼しさを感じる日が増えてきました。

今日は、お庭で植えた植物たちで自家製スパイスを作ろう!という内容です。

まずはスパイシーな唐辛子です。(品種:「サントリー ジャワSPICYとうがらし」)

4月頃に大きめの植木鉢に植え付け、今もたくさん実をつけています。家庭菜園の醍醐味は、必要な時に必要なだけ、新鮮なものが収穫できることですよね。若い果実(写真のグリーンの方)は刻んでスパイスとして炒め物に。キリリとした辛みが食欲をそそります。大人カレーに最高ですよ。よく熟した果実(写真のレッドの方)は乾燥させて長期保存できるスパイスに。鷹の爪のような感覚で使えて重宝します。

虫よけとして、そのままお米などの保存容器に入れておくのも愛らしくていいですね。

そしてもう一種、過去のブログでもご紹介しましたローリエです。

ローリエは月桂樹という名でも呼ばれます。樹形は美しくスレンダーで、比較的害虫もつきにくい、育てやすい樹木です。大きめの鉢ならベランダ栽培にも向きます。ローリエは乾燥させて使えばより香りが強く、えぐみも消えるのでおすすめです。新芽より成長した古葉の方が香りが良いのが特徴です。葉っぱを採って洗って干しておくだけです。乾燥したら瓶などの保存容器に入れて保管します。シチューやポトフ、カレーなどの野菜を煮る際に数枚入れるだけで、お料理の品格がグッとあがります。

剪定した枝から挿し木で増やすこともできるので、香りを楽しみながら一枝プレゼントするのも素敵ですよ。

まだまだご紹介したい植物もありますが…。今日はこのあたりで!皆さんもお庭で植物のある暮らしを楽しんでくださいね。

 


『初心忘るべからず』を教えてくれる庭

昨日は、S市個人邸のお庭のお手入れに伺いました。このお庭は、私が庭師として初めて作らせていただいた思い入れのある場所です。

造ったのは15年前になりますが、今でも定期的にお手入れに入らせていただいており、ありがたい限りです。

ここに来ると、当時の自分の精一杯の創意工夫を懐かしく思い出し、また「今の自分ならどんな庭を造るだろう?」と自分に問いかけたい気持ちになります。

室町時代の能楽の大成者、世阿弥の言葉に「初心忘るべからず」という有名な言葉があります。『花鏡』という伝書に残る言葉で、「初めの志を忘れてはならない」という意味で多くの人が理解されていますよね。でも実際はもう少し深い意味があるそうです。世阿弥にとっての「初心」とは、新しい事態に対応する時の方法であり、試練を乗り越えていく時の戦略のことを指しているそうです。つまり「初心を忘れるな」というのは、人生の試練の時に「どうやってその試練を乗り越えていったのかという戦略を忘れるな」という意味になります。普通に考えられているような「最初の志」ではなく、最初の試練や失敗が「初心」という言葉の本当の意味に近いんですね。いまだ経験したことのない事態に対して、自分の未熟さを知りながらその事態に挑戦していく心の構えであり、姿にほかならない。その姿を忘れてはいけない。

…お手入れさせていただきながら、今の自分の力でお庭をもっと元気にしたいという気持ちが湧いてきました。「初心忘るべからず」いい言葉だなぁ。

写真は施工前です。施工後の美しくなったお庭もアップしたかったのですが、すっきりして背景が伝わりすぎてしまうため断念しました。

参考図書:「処世術は世阿弥に学べ!」土屋恵一郎


「令和」の出典『梅花の宴』を読み解こう!

 

令和元年が5月1日にスタートし、元号が平成から令和に代わり4か月が経ちました。新元号「令和」が現存する日本最古歌集「万葉集」からの出典であると発表された瞬間から、万葉集は一躍脚光を浴びています。すでにご存じの通り「令和」は万葉集巻五・八一五~八四六番歌の前に置かれた漢文の「序」から採られました。皆さんの中にも、書店にならぶ万葉集関連の新書を手に取って、知りたいなと思った方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

というわけで今回のボタニカル研究所のブログでは、いつもの植物のある暮らしをテーマにした内容からすこし間口を広げて、美しく和やかな日本人の心を万葉集の「梅」にまつわる歌とともにご紹介しようと思います。

 

初春の令月にして、気淑(よ)く風和らぎ

梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き

蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫らす

(梅花の歌三十二首 序 巻五)

【口語訳】時あたかも初春の好き月、空気は美しく風はやわらかに、梅は美女の鏡の前に装う白粉のごとく白く咲き、蘭は身を飾った香のごとき香りをただよわせている

 

「梅花の歌三十二首」とは天平2年(730年)に大宰府の長官であった大伴旅人が主催した「梅花の宴」で読まれた歌々です。「中国には多くの梅の詩がある。われわれはこの庭の梅を和歌に詠もうではないか」と参集した人々に和漢折衷の斬新な創作活動を呼び掛けました。当時の大宰府は古代の行政機関であり、大陸文化が最初に入ってくる地でもありました。その長官宅の庭には、当時はまだ珍しい外来の植物であったウメが植えられ、それをテーマに掲げて漢詩文を翻案して和歌を詠むという先鋭的な宴が催されたのです。ではどのような歌が詠まれたのでしょうか?ご紹介していきます。

 

梅の花 折りてかざせる 諸人(もろひと)は

今日(けふ)の間は 楽しくあるべし

(荒氏稲布(こうしのいなしき) 巻五 八三二)

【口語訳】梅の花を折りかざして遊ぶ人々は、こぞって今日一日が楽しいことだろう

 

わが園に 梅の花散る ひさかたの

天(あめ)より雪の 流れ来るかも

(大伴旅人(おおとものたびと) 巻五 八二二)

【口語訳】わが庭に梅の花が散る。天涯の果てから雪が流れ来るよ

 

正月(むつき)立ち 春の来(きた)らば かくしこそ

梅を招(を)きつつ 楽しきを経(へ)め

(紀卿(きのまえつきみ) 巻五 八一五)

【口語訳】正月になり新春がやって来たら、このように梅の寿を招きながら、楽しき日を尽くそう

 

春されば 木末(こぬれ)隠れて 鴬(うぐひす)そ

鳴きて去(い)ぬなる 梅が下枝(しづえに)

(山口若麻呂(やまぐちわかまろ) 巻五 八二七)

【口語訳】春になると梅の梢では姿も隠れてしまって、鶯は、鳴き移るようだ、下枝の方に

 

うち靡(なび)く 春の柳とわが宿の

梅の花とを 如何(いか)にか分かむ

(史氏大原(ししおおはら) 巻五 八二六)

【口語訳】霞こめる春の美しく芽ぶく柳と、わが庭に咲き誇る梅の花と、そのよしあしをどのように区別しよう

 

来月の10月22日には「即位礼正殿の儀」が行われます。これは新天皇の即位を国内外に示す儀式で、国内はもちろん、国外からも国家元首や首脳が参列されます。今年一年かけて行われる即位の儀式の中で、最も重要で盛大な儀式です。

そんな時代の節目、記念すべき2019年はどのような年になるのでしょうか?めまぐるしく変化する時代に焦りを感じることもありますが、万葉の時代から令和の現代まで何百年を経ても、日本人の感性は花の下に生きていることを感じると、ほっとする心地がします。

 

 


晩夏・大暑・第三十四候「桐始結花(きりはじめてはなむすぶ)」

お久しぶりです。二十四節気と七十二候についてお届けするこのページ、7月26日の今日は「晩夏」の「大暑」なかでも「桐始花結」にあたります。

二十四節気の「大暑」は文字通り一年で一番暑さの厳しく感じられる頃です。時々大雨が降り、蒸し暑くなります。鰻で知られる「土用の丑の日」もこの期間中にありますし、暑気払いと称してビヤガーデンなどでの集いもひときわ賑やかになる時節です。土用の丑については後程詳しくご紹介します。

 

第三十四候 「きり はじめて はな むすぶ」

桐の花が開くのは初夏です。薄紫色の花は盛夏を迎える今頃、卵型の実を結びます。花を見たことがないという方も、500円硬貨で意匠された釣鐘型の花はご存知ではないでしょうか。

この桐という植物は、古来より神聖な木とされ、神様の行事や大切な場面で用いられてきました。日本国政府の紋章も「五七の桐」ですので、その思いが込められているのがよくわかります。仏教とともに日本に中国から伝来した伝説の霊鳥、鳳凰はこの桐の木にだけ止まると言い伝えられていることでも有名です。神聖な木として伝統的に受け継がれてきた背景から、花言葉は「高尚」です。

そんな桐にちなむ七十二候の第三十四候ですが、期間としては7月22日から27日頃をさします。2019年の土用の丑は7月27日ですので、ちょうどこの候にあてはまりますね。というわけで冒頭に紹介しました土用の丑の日や鰻についても、ご紹介致します。

まず、土用は立夏・立秋・立冬・立春の直前約18日間の期間をさす言葉です。昔の暦では日にちを十二支で数えていましたので、「土用の丑の日」は「土用の期間に訪れる丑の日」をあらわしています。いずれも季節の変わり目にあたり、特に夏は体調を崩しやすいため、夏のイメージが定着していったようです。

7世紀から8世紀に編纂された「万葉集」にはこんな歌があります。

「石麻呂に 吾れもの申す 夏痩せに よしといふものぞ むなぎ(鰻)とり召せ」

大伴家持(ootomonoyakamochi)

夏痩せには鰻を食べると良い、と石麻呂という人物に勧めている歌です。

鰻にはビタミンAやビタミンB群など疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれています。万葉の時代からこの令和元年に至る今日まで、鰻は日本人に愛され続けてきた食材なんですね。ちなみに土用の丑の日に鰻を食べる風習は、蘭学者の平賀源内によって広められたそうです。

今年の土用の丑の日は明日(7月27日)です。皆さんも夏バテ防止に鰻、いかがでしょうか。

 

 


「ローメンテナンスな花壇」のその後…

6月20日(木)

先日、施工実績で紹介したS市特別養護老人ホーム・デイサービスセンターの花壇を見に行ってきました。5月に施工したロックガーデン風のエントランスに植えたオリーブやハーブたち。暑くなってきたので、水が切れていないか気がかりです。

こちらが先月の施工直後の様子です。

そして一か月後の様子は・・・。

植物たちは生き生きとしていました。

ハーブ類もよく活着し、施工時よりも馴染んでいます。下草は苗の状態で植え込むので、今日は生育後のバランスをチェック。ロックガーデンの風合いに溶け込んで安心です。

 

私たちの仕事は植栽工事まででひと段落、そのあとの水やりや日々の管理は施主さんにお任せすることになります。きちんと育ってくれている植物たちを見ると、施設の職員の方々が心を込めてお世話していただいているのを感じ、うれしい限りです。


「疲労回復!お酢でパワーチャージ!」

急に暑くなってきましたね。5月というのに真夏日が続いたり、梅雨を前に気温の変動が激しくて、体調管理に苦戦します。春からの新生活、連休を過ぎてそろそろお疲れモードという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今日はそんな疲れた体にパワーチャージ!元気が出て、健康・美肌・ダイエットにも効果がある「バナナ酢」のご紹介です。

バナナを漬けたお酢を飲むだけでできる健康法。料理研究家で管理栄養士の村上祥子さんが解説するには

「バナナと酢は健康・美容・どちらにも有効な万能食品。バナナに多く含まれるカリウムはむくみを取るだけでなく、高血圧の予防改善にも効果的。同様に酢にも血流を促す作用があるため高血圧予防には最適」なんだそうです。

さらに注目したいのはその疲労回復効果。

「酢に含まれる酢酸は脂肪や糖をエネルギーに変える仕組み『クエン酸回路』を活発化します。この回路が活発になることで、筋肉中にたまった乳酸が分解され、疲労を取り除いてくれるのです」

「そして乳酸だけでなく体脂肪の分解も促すため、ダイエットにも効果的。酢は糖の吸収を抑える働きもあるので、食前にバナナ酢を大さじ一杯飲んでおけば、食べすぎを防ぎながら食後の血糖値の上昇を抑えられます」

なんといいことづくめなんでしょう!

さっそく作ってみましょう。

  

【用意するもの】

バナナ 中 3本

黒砂糖 200g

リンゴ酢 500ml

【作り方】

①バナナを5㎜に輪切りします。

②輪切りしたバナナを耐熱ボールに入れ、黒砂糖とリンゴ酢を加えます。

③ラップはせずに1分20秒電子レンジで加熱します。

④保存用の瓶をアルコール消毒します。

⑤瓶に入れ替えたら完成です。

バナナは2週間後に取り出します。取り出したバナナはヨーグルトやバニラアイスなどと一緒に頂いてもおいしいです。

完成したバナナ酢は、室温30度以下であれば1年常温保存が可能です。よくかき混ぜて翌日から飲めますよ。そのまま大さじ1杯を1回量として、1日3~4回を目安に飲んでいただけます。胃が弱い方は加減してくださいね。また、豆乳や炭酸水、パイナップルジュースなどで割って頂くのもおすすめです。

こちらではバナナを使ったレシピをご紹介しましたが、果物はいろんなものに変えても良さそうです。お庭で採れた果物で作ってみるのも素敵ですね。

お気に入りのグラスやおちょこで、お酢から元気をチャージしてみませんか?

 

 


12345...