12月22日は冬至です。

こんにちは。明日12月22日は冬至です。一年中で太陽が最も南に寄り、北半球では昼が最も短い日です。二十四節気を紹介するこちらのページでは、冬至にまつわるお話をご紹介します。

中国や日本では冬至は太陽の力が一番弱まる日であり、陰が一年で一番極まる日と言われてきました。「陰が極まる」というと良くないイメージを抱きそうですが、この日を境に再び力が甦ってくるということでもあります。再び陽にかえる日という意味で「一陽来復(いちようらいふく)」と言われ、冬至を境に運が向いてくるとされています。みんなが上昇運に転じる日なのですね。

 

そんなことから、冬至には「ん」がつく食べ物を食べると「運」が呼び込めると言われているそうですよ。南瓜(かぼちゃ)を食べるのはそのためなのです。また「いろはにほへと」が「ん」で終わることから、「ん」には一陽来復の願いが込められているとも言われています。

また、寒さの厳しい折、風邪をひかずに冬を越したいという願いから、柚子湯に入るという習慣もあります。柚子(ゆず)→融通がきく、冬至→湯治という語呂合わせから柚子湯に入るそうです。もともとは運を呼び込む前に厄払いするための禊(みそぎ)であると考えられています。素晴らしい四季に恵まれる日本の気候、風土。私たち日本人が厳しい冬と向き合ってきた息遣いを感じますね。

柚子湯にするだけではもったいないので、少し冬の味覚も楽しみたいものですね。

大根を短冊切りにして湯通しし、柚子の皮を薄く切って、カンタン酢などにつけてジップロックで一晩置けば、簡単に柚子大根のお漬物が出来ますよ。

おうちのお庭に柚子の木があるある!という方。ぜひお試しくださいませ。


一覧ページに戻る