「疲労回復!お酢でパワーチャージ!」

急に暑くなってきましたね。5月というのに真夏日が続いたり、梅雨を前に気温の変動が激しくて、体調管理に苦戦します。春からの新生活、連休を過ぎてそろそろお疲れモードという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今日はそんな疲れた体にパワーチャージ!元気が出て、健康・美肌・ダイエットにも効果がある「バナナ酢」のご紹介です。

バナナを漬けたお酢を飲むだけでできる健康法。料理研究家で管理栄養士の村上祥子さんが解説するには

「バナナと酢は健康・美容・どちらにも有効な万能食品。バナナに多く含まれるカリウムはむくみを取るだけでなく、高血圧の予防改善にも効果的。同様に酢にも血流を促す作用があるため高血圧予防には最適」なんだそうです。

さらに注目したいのはその疲労回復効果。

「酢に含まれる酢酸は脂肪や糖をエネルギーに変える仕組み『クエン酸回路』を活発化します。この回路が活発になることで、筋肉中にたまった乳酸が分解され、疲労を取り除いてくれるのです」

「そして乳酸だけでなく体脂肪の分解も促すため、ダイエットにも効果的。酢は糖の吸収を抑える働きもあるので、食前にバナナ酢を大さじ一杯飲んでおけば、食べすぎを防ぎながら食後の血糖値の上昇を抑えられます」

なんといいことづくめなんでしょう!

さっそく作ってみましょう。

  

【用意するもの】

バナナ 中 3本

黒砂糖 200g

リンゴ酢 500ml

【作り方】

①バナナを5㎜に輪切りします。

②輪切りしたバナナを耐熱ボールに入れ、黒砂糖とリンゴ酢を加えます。

③ラップはせずに1分20秒電子レンジで加熱します。

④保存用の瓶をアルコール消毒します。

⑤瓶に入れ替えたら完成です。

バナナは2週間後に取り出します。取り出したバナナはヨーグルトやバニラアイスなどと一緒に頂いてもおいしいです。

完成したバナナ酢は、室温30度以下であれば1年常温保存が可能です。よくかき混ぜて翌日から飲めますよ。そのまま大さじ1杯を1回量として、1日3~4回を目安に飲んでいただけます。胃が弱い方は加減してくださいね。また、豆乳や炭酸水、パイナップルジュースなどで割って頂くのもおすすめです。

こちらではバナナを使ったレシピをご紹介しましたが、果物はいろんなものに変えても良さそうです。お庭で採れた果物で作ってみるのも素敵ですね。

お気に入りのグラスやおちょこで、お酢から元気をチャージしてみませんか?

 

 


一覧ページに戻る