びわの葉で草木染め

びわの葉をたくさんいただきました。常緑のびわの樹は年間を通じて徐々に葉が落ちるので、集めるのが容易です。今日はそれを使って草木染に挑戦したいと思います。

 

【用意する物】

びわの葉(適量)

排水溝ネット(1枚)

ミョウバン(スーパーの食料品コーナーにあります)

豆乳(下処理に使います)

鍋(大きめが二つあれば便利)

染めたいもの(今回は綿のふきん)

【手順】

①ふきんはあらかじめ洗濯して糊などを落としておきます。(=精錬)

②豆乳:水を1:1で混ぜたものに、ふきんを20分つけます。(=タンパク質処理)

〈ポイント!〉植物からできた綿のふきんは、タンパク質と反応させることで染料が繊維と結合します。この処理は動物性のもの(例えば絹のような)を染める時には必要ありません。なお、合成繊維であるポリエステルなどは草木染めでは染まりません。

③水:ミョウバンを100ml:5gほどの割合で溶かして鍋に入れ、沸騰させます。

④③とは別の鍋に、水をびわの葉を排水溝ネットに入れて輪ゴムで口を縛ったものを入れ、煮立たせます。しばらくするとお茶のような香りがして、お湯が茶色くなります。そこに、②のふきんをよく絞って加えます。そのあとしばらく煮立たせながらかき混ぜ、色素を染み込ませます。

⑤ある程度ふきんに色が染まってきたら、③のミョウバンを溶かした鍋にふきんを移します。そうして③の鍋を煮立たせます。(=色留め)

⑥③の鍋からふきんを取出し、よく水洗いします。

⑦直射日光を避け、よく乾かしたら完成です。

〈ポイント!〉必ず屋内で乾燥させます。草木染めはデリケートです。紫外線により色あせてしまいます。

淡い自然な風合いに仕上がりました。(下の生成りがもとのふきんです。)今回の草木染めは薄いイエローの染まりました。同じ草木染めでも、葉っぱの種類や取れた時期、室温などによって染め上がりの様子も違ってきます。それがとても面白いところです。そして合成染料と違ってすべて食用にできるもので作業するので、染めた後の残り湯などは排水溝に簡単に流して処理できます。(ミョウバンも、浅漬けの色留めに使われるので安全です。)染めに使う植物も無農薬で育てたものなら、さらに心地いいものです。

夏休みの自由研究に草木染め、ぜひ!

 


一覧ページに戻る