植物の健康も予防から!

近畿地方は梅雨入り間近。

じめじめと鬱陶しい季節がやって来ます。今年は5月に急に暑くなる日があったためか、アブラムシなどの害虫の発生も目立っているように感じます。そして植物にとって害虫被害の対策と並んで大切なのが、「菌・ウイルス対策」です。植物に白い粉のようなものが付着する「うどんこ病」や、葉っぱに黒い斑点が現れる「黒星病」などなど…。他にも菌やウイルスが原因の病気はこの時期に多発します。

私たちの体も健康のためには常日頃の予防意識が大切ですが、植物の健康だった同じです。予防は早めのスタートが肝心。

そこで梅雨入りのこの時期、雨が降る数日前をめがけた抗菌剤散布がおすすめです。「雨が降ると薬剤が流れてしまうのでは?」と思いますが、数日前なら大丈夫です。雨の前には湿度が上昇し、菌の活動も活発になります。雨の水滴の刺激によって菌の胞子がはじけて被害が拡散する前に予防しておくという方法は効率的です。

殺菌剤を希釈し、噴霧器を使って植物全体にふりかけてやって下さいね。(噴霧器がない場合は1リットルのペットボトルにスプレーをつけて霧吹きの代用にすれば、面倒な1000倍希釈も手間いらずです。)朝夕など直射日光の強い時間帯を避け、水遣りを済ませ、植物が水分を蓄えた状態で散布するのが、薬害を抑える上で理想的です。薬剤の定着をよくするため、ぜひ展着剤を一緒に混ぜて噴霧してやって下さい。このひと手間で植物への薬剤の定着率が良くなります。植物の蒸散システムは葉の裏の気孔にありますので、裏側も念入りに。黒星病など、土壌からの跳ね返りによる被害には土壌灌水も効果的ですよ。

とはいえ、うちのお庭の木は大きくてとても無理!という方。植物の害虫・病気対策もプロのお庭やさんにご相談くださいね。お庭の梅雨対策お早めに!


一覧ページに戻る