母の日のカーネーション

日頃からお世話になっているお母さん。だいすきなお母さん。母の日に感謝やねぎらいの気持ちを込めてプレゼントを贈る風習は、日本でもすっかりおなじみになっていますね。

ところで皆さんは母の日の由来についてご存知ですか?諸説あるようですが、今回はその中で最も有力な説をご紹介します。「そいういえばなぜカーネーションなんだろう?」などの疑問もわいてきますよね。

発端は、1907年アメリカに住んでいたアンナ・ジャービスという女性が、苦労して自分を育ててくれた母を悼み、葬儀の際に教会の祭壇を真っ白なカーネーションで飾ったこととされています。お母さんが大好きだった白いカーネーション。これをきっかけに全米に母に感謝する日を、という動きが広まり、1914年、アメリカ合衆国議会により、アンナの母が亡くなった5月の第二日曜を「母の日」と制定したそうです。

なるほど、母の日はアメリカ発祥だったのですね。ところで、白いカーネーション???一般的は母の日のカーネーションのイメージは、赤のような気がしますね。そうなのです。当初は、母親が生きている場合は赤を、亡くなっている場合は白を、自分の胸に飾るのが習わしでした。いつのまにかそれが、お母さんへカーネーションを贈る風習へとつながっていったのですね。

先日足を運んだ園芸店には、ギフト花としてカーネーションとともにアジサイもたくさん並んでいました。ほかにも、ハーバリウム・リース・スワッグ・プリザーブドフラワー・アレンジメントなど、花を用いたギフトはたくさんあります。

今年の母の日は5月13日です。みなさんも素敵なボタニカルギフト、探してみてはいかがでしょうか?


一覧ページに戻る