4月8日は「花まつり」

今日4月8日は「花まつり」の日であることをご存知ですか?

なじみの少ないおまつりのようですが、実は仏教ではお釈迦様の誕生をお祝いする大切な日です。「花まつり」の今日は日本各地のお寺などで「灌仏会(かんぶつえ)」という行事が行われます。お釈迦さまの像などに、柄杓で甘茶をかけるところを見たことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

さて今日はその「花まつり」と「甘茶」という植物との関わりについて紹介したいと思います。

まず、お釈迦様に甘茶をかける理由です。これはお釈迦様がお生まれになった時、九頭龍が現れて甘露の雨を降らせたといわれている伝説に由来しています。今でも高級な煎茶を甘露と呼んだりしますが、本来の甘露とは甘い雨という意味なのです。お釈迦様に甘茶をかけて誕生の様子を再現しているというわけですね。

そしてその甘茶の原料に「アマチャ」の若葉を使用します。ちょうど今頃、早咲き品種のガクアジサイが花屋さんの店先にも並び始めましたが、アマチャはそれにとても似た花を咲かせます。アマチャはアジサイ科アジサイ属ガクアジサイの変種なのです。

アマチャは中部山地を中心として各地に自生しています。アジサイと見分けがつきにくいほどよく似ていますね。栽培用のものもありますので、自宅のお庭で栽培することもできますよ。

日曜日です。春の心地よいお天気のもと、お近くで灌仏会の行事を行っているお寺などに散策に出かけてみてはいかがでしょうか。


一覧ページに戻る